gemのアップデートとRuby on Railsのインストール方法。SSL_connectエラーの対応方法も記載

前回でRubyのインストールをしたので、次に「Ruby on Rails」のインストールをしたので、その手順を記載します。
※Rubyのインストール方法はこちらを参照ください:Windows8.1にRuby2.1.5をインストール
1)gemのアップデート

「Ruby on Rails」をインストールする前にgemのアップデートを実施します。
現在のgemのバージョンの確認方法とインストール方法は以下となります。

C:\user\hoge>gem -v
2.2.0

C:\user\hoge>gem update –system

この時に以下のようにSSL接続エラーが表示された場合はSSL証明書を取得してから再度アップデートをしてください。

ERROR: Could not find a valid gem ‘rails’ (>= 0), here is why: Unable to download data from https://rubygems.org/ – SSL_connect returned=1 errno=0 state=SSLv3 read server certificate B: certificate verify failed (https://api.rubygems.org/latest_specs.4.8.gz)

※対応方法は「SSL証明書の取得方法」を参照ください。

2)Railsのインストール
C:\user\hoge>gem install rails

※インストールは結構時間がかかるので気長に待ちましょう。

3)SSL証明書の取得方法

https://gist.github.com/luislavena/f064211759ee0f806c88#step-1-obtain-the-new-trust-certificateページから、AddTrustExternalCARoot-2048.pem リンクを右クリックし「対象をファイルに保存」します。
※このページは結構長いのでブラウザの検索機能(Ctrl + f)で「AddTrustExternalCARoot-2048.pem」を検索するとすぐに見つけることができます。

ダウンロードした「AddTrustExternalCARoot-2048.pem」ファイルを以下のフォルダーに移動します。

C:\Ruby21\lib\ruby\2.1.0\rubygems\ssl_certs

ページトップへ