VMware PlayerにCentOS6.4をネットインストールする(netinstall編)・その1

サーバ構築を勉強するためVMware Player上にCentOS 6.4をインストールしてみました。
念のために忘れてもいいようにメモしておきます。。

今回はCentOS 6.4 x86_64をVMware Player上の仮想マシンにネットインストールでインストールしてみました。

まずは「CentOS-6.4-x86_64-netinstall.iso」をダウンロードする。
※ダウンロード方法は他のサイトをご参照ください。

・新規仮想マシンの作成
VMware Playerへようこそ

「新規仮想マシン作成ウイザードへ用こそ」の画面が表示される。
「後でOSをインストール」を選択し、「次へ」をクリックする
新規仮想マシン作成ウイザードへようこそ

「ゲストOSの選択」画面にて「ゲストOS」は[Linux]を選択し、「バージョン」は[CentOS 64ビット]を選択して[次へ]をクリックする。
ゲストOSの選択

「仮想マシンの名前」画面にて「仮想マシン名」と「場所」を変更し「次へ」をクリックする。
仮想マシンの名前

「ディスク容量の確定」画面にて、ディスク最大サイズと仮想ディスクのファイルの設定を行う。
ディスク最大サイズはデフォルトの20.0GB、「仮想ディスクを複数のファイルに分割」を選択し「次へ」をクリックする。
ディスク容量の確定

「仮想マシンを作成する準備完了」の画面が表示される
「ハードウェアをカスタマイズ」ボタンをクリックし「ハードウェア」のウインドウを開く。
仮想マシンを作成する準備完了

「ハードウェア」のウインドウが開く。
「ネットワークアダプタ」をクリックし「ネットワーク接続」で[ブリッジ]を選択する。
「物理ネットワーク接続の状態を複製」にはチェックしません。
ハードウェア

「新規 CD/DVD(IDE)」をクリックする。
「接続」は「ISOイメージファイルを使用する」を選択し「参照」ボタンをクリックし、
ダウンロードしたCentOS-6.4-x86_64-netinstall.isoを選択する。
新規 CD/DVD(IDE)
「閉じる」をクリックし、「完了」をクリックする。
これで仮想マシンの作成は終了です。

引き続き「CentOS6.4のインストール」を行います。

ページトップへ